そもそも信用取引とは?

信用取引とは株を借りて行う取引

「信用取引」とは株取引における重要タームの一つですが、その実態は実際に金融取引を行ったことがある人にしかわかりません。一方で、信用取引は高効率で利益を得る機会が増えるなどの魅力にあふれているため、事前にどのような取引であるのか知っておくことは、取引の幅を広げる上でも大変有効です。
信用取引の本質を雑駁に述べれば、「証券会社から株を借り、その株を運用して行われる取引」ということになります。信用取引を行うに当たっては、思惑外れによって傷が付いてしまった株の損失を埋め合わせるための資金を専用の口座へ入金しておく必要があります。この資金のことを『委託証拠金』と呼び、この額に応じて信用取引できる規模が決まってきます。また、損失が委託証拠金を上回ってしまった場合、追加で早急に不足分を口座へ振り込む義務が生じます。これを『追証』と呼びます。

そもそも株を借りると、何か良いことがあるの?

こうした信用取引に対して、「損失が拡大する、追証が発生するというリスクを抱えてまで株取引をする意味があるの?」と疑問に思う人は少なからずいるでしょう。また、株を借りるということは構造的に借金と同じですので、これに対して漠然とした不安感を抱く人もいるのは事実です。
しかし信用取引には、こうした疑問や不安を押さえ込んででも行うだけのメリットがあります。それは、既に手元に「株がある」という状態を作り出すことで、株取引を売りからも始めることができるようにしてしまえるという点です。株を高い値段で売ることから始めて、安い値段で買い戻して証券会社に返済すれば、その差額を利益とすることができます。現物取引は買うことからしか始められないため、株価が上がらないと利益が生まれません。これに対して信用取引で売りでも利益が出るようにすると、単純に利益が生まれるチャンスを2倍に拡大させることができるのです。