知っておこう!仕組みとルール

信用取引ってどんなもの?

安定した企業の株を購入して資産とする、あるいは成長が見込める企業の株を購入して時期を見て売却する、といった具合に様々な場面で用いられる株。初心者にとっては用語やルールが目白押しで難解極まりないと思われがちですが、そのうちの一つ「信用取引」とは一体どのようなものなのでしょうか。
そもそも株取引には、株価に見合ったお金を支払わなければなりません。このため、購入時よりも株価が上昇すれば上昇した分だけ利益となりますし、反対に下落すれば損失が発生します。ただし金銭的な損益が発生するのは、あくまでも保有する株を売却したタイミング時のことです。現存する物品を購入するわけではない、というのが株取引の基礎であり、問題を難しくしている理由とも言えます。
そして「信用取引」とは、お金や資産を担保にすることで「今、自分が実際に保有するお金の最大で約三倍の金額で取引が可能」「空売りができる」といったメリットのある株取引の方法です。

信用取引でできることとは

信用取引のメリットの一つは「保有するお金の三倍の額のお金を借りて株取引ができる」ということですが、これは百万円の資金があった場合、三百万円まで自由に株の購入ができることを意味します。魔法のような話ですが、これは「保有する現金や資産を証券会社に担保(委託保証金)として預ける」ということで成り立ちます。
二つ目のメリットである「空売り」というのは、「これから価値が下がる」と判断した銘柄があった場合、証券会社からその株を借りる形で売り、その後、実際に価値が下がってから買い戻すという行為を行います。例をあげると、株を借りて10万円で売り、株価が1万円下がってから、返すために9万円で買い戻す、ということで1万円の利益が得られるということです。株式を実際には持っていないのでこれを「空売り」と言い、価値が下がる場合でも利益を得られるということで、信用取引の魅力の一つになっています。
どちらもうまく市場の波を見分けられれば利益を得られるのですが、お金や株式を借りることで金利や手数料が発生します。全て自分のお金で取引をするよりも、小さいとは言えコストが上がると言うデメリットを忘れてはいけません。