押さえておくべきメリット・デメリット

信用取引のメリットについて

信用取引のメリットの1つがレバレッジ効果です。レバレッジとはてこの原理を意味し、小さな力で大きな物を動かす事を指します。信用取引では自己資産の最大3倍強の取引ができます。つまり、少ない資産でも大きな取引をすることで多額の利益を狙えるのです。
もう1つの空売りです。空売りは証券会社から株を借りて売却、その後、買いなおすというものです。目的の銘柄が高い時に先行して売り、株価が下がったら買いなおせば利益がでます。これにより、株価の下落局面でも利益を出す事が可能となります。ただし、空売りは全ての銘柄で出来るわけではないので注意が必要です。
信用取引では同一資金で同一銘柄の回転売買が可能なので、デイトレードのような短期売買に向いているのもメリットです。

信用取引のデメリットについて

信用取引は自己資金以上の資金を運用できます。これにより大きな利益を生み出す事も可能ですが、同時にデメリットともなります。
自己資金以上の資金を運用するという事は、損失も大きくなりやすいのです。現物取引であれば、損失が自己資金を超えることはありません。しかし、信用取引では損失が自己資金を上回ることも考えられます。
もう1つのデメリットはコストです。信用取引は証券会社から資金や株式を借りる取引なので、取引の際に手数料がかかります。信用買いの時は手数料の他に金利が信用売りの時は手数料の他に貸し株料がかかります。
信用取引では担保となる委託保証金が必要です。現物取引では担保は求められないので、信用取引のデメリットの1つです。